by

わたしをわたしから切り離すほどよくなくなるのかな